18:52 2021年09月26日
社会
短縮 URL
1110
でフォローする

8月24日、大地震に見舞われたイタリアのアマトリーチェ市で瓦礫の下に1月以上も取り残されていた猫が無事生きて救出された。

ブリッツ・クオティディアノ紙の26日付けの報道によれば、ロッコという名のオス猫は25日、瓦礫の撤去作業を行なっていた消防士によって発見された。

猫は瓦礫の下に32日間も閉じ込められていたため脱水症状はあるにしてもおおむね健康状態は良好。ロッコは救出されるや否や飼い主に引き渡されたが飼い主のほうはあまりの奇跡に信じがたいとコメントしている。

アマトリーチェは8月24日、マグニチュード6.0の大地震に襲われた。

動物と人間の結びつきの稀有な例としては、先に英国で犬が飼い主の欝症状を完治させたニュースが伝えられている。

関連:

ボツワナ、5頭の雌ライオンにたてがみが生える
動物園の熊が第二次世界大戦中の爆弾を掘り起こす
タグ
地震, 動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント