22:48 2018年07月21日
MH17便の国際合同調査班が撃墜についての自らの説の技術的根拠の欠落を示す

MH17便の国際合同調査班が撃墜についての自らの説の技術的根拠の欠落を示す

© Sputnik / Igor Maslov
社会
短縮 URL
ドネツクで起こったマレーシア航空MH17便の墜落事故 (73)
0 120

国際調査班は、ロシアが何らかの方法でマレー航空機MH17便撃墜に関与した可能性があると断言するための十分な技術的根拠を持ち合わせていないと、28日ロシア対空防衛システム製造企業「アルマズ・アンテイ」社のミハイル・マリシェフスキー氏が述べた。

マリシェフスキー氏は、同社は現時点で3回の実験を行い、それらは、MH17便を撃墜したミサイルは当時ウクライナ軍部隊が掌握していたザロシェンスコエ居住区から発射されたとの説の技術的根拠となっていると述べた。

国際調査委員会はMH17便撃墜事故調査に関する中間報告書を提出し、いわく便を襲った地対空ミサイル「ブーク」 はロシアから運搬され、撃墜後にブークはロシアに戻されたなどと発表した。
ドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、ロシア側はMH17便撃墜に関する包括的な情報を提出したと述べた。

ペスコフ報道官はまた、ロシア政府はMH17便撃墜事故に関するオランダの調査結果を評価していると述べた。ペスコフ報道官は「重要なのは我われの軍、つまりレーダーの1次情報源によって公開された最新情報を考慮しつつ結論を出すことだ」と強調した。

トピック
ドネツクで起こったマレーシア航空MH17便の墜落事故 (73)

関連:

米国ハッカー「航空機の外部操作に成功した」
クリミアで対空ミサイル連隊 航空隊と平行して演習を開始
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント