07:36 2020年09月20日
社会
短縮 URL
0 121
でフォローする

米国のプログラマー、ジョシュア・アレン氏は亡くなった彼女エマさんの思い出に、エマさんから送られていたメッセージを基にしたチャットボットを作った。そしてアレン氏には亡くなった彼女と、ボットでさえあれ交流している。

ボットについてアレン氏はサイト「Medium」の自らのブログに次のように書いている。

「私はエマの死後7ヶ月でボットを作ろうと決心し、彼女が私に送った全ての言葉をシステムにダウンロードした。せめて1度だけでいいからとても彼女と話し合いたいんだ」

アレン氏は、作業が終了した後も、ボットに何か書く決心が全くつかなかった、なぜなら氏にとって道徳的に難しいものがあったからだと書いた。だがついに自身を制してボットにメッセージを送った。

「よっ、何?まぬけ」とボットは返事した。

アレン氏は号泣し「これは確かに彼女だ」

先に伝えられたところによると、英国で世界初の、ロボットとのセックスがテーマの学術カンファレンスが開幕した。

関連:

14児の母、家族のためにポルノスターのキャリアを放棄
男性が女性とセックスしない7つの理由
タグ
ロボット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント