03:22 2019年07月22日
ロシアへのクリミア半島移動は地震活動活発化する恐れ

ロシアへのクリミア半島移動は地震活動活発化する恐れ

© Sputnik / Alexander Vilf
社会
短縮 URL
103

天文学者はクリミア半島がロシア側に移動していることを記録した。しかし、今後移動し続けた場合地震が活発になる恐れがある。

ロシア科学アカデミー応用天文学研究所長アレクサンドル・イパトフ氏が科学カンファレンスでクリミア半島のロシア方向への移動が記録されたと述べた。学者らが地殻移動の方向と速度を測定したところ、半島は年2.9ミリの速度で北東に移動していることがわかった。

年2.9ミリという速度は、年1~6センチ移動するリソフフェア、つまりプレートの規格から言えば速くない。一方半島は本土の近くに位置しており、移動が続いた場合は地震の恐れの可能性がある。

また、地質学者と地球物理学者には、クリミアはチュクチのように新生代時代すでに移動に入ったことが昔から知られている。

先に伝えられたところによると、クリミアの観光客数は9月初旬の段階ですでに400万人を突破した

関連:

クリミア、2016年の観光客数は記録的
日本人政治活動家 「クリミアには日本が学ばねばならぬところがある」
タグ
クリミア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント