18:44 2017年09月25日
東京+ 27°C
モスクワ+ 8°C
    ハッカー攻撃、糖尿病患者も殺害のターゲットにできる

    ハッカー攻撃、糖尿病患者も殺害のターゲットにできる

    East News/Media for Medical/UIG
    社会
    短縮 URL
    149822

    製薬医療機器メーカーのジョンソン・エンド・ジョンソン社は自社開発の遠距離インスリン投与注射器「ワンタッチ・ピンポンプ」がハッカー攻撃を受ける危険性があることを明らかにした。BBCが報じた。

    J&J社の「ワンタッチ・ピンポンプ」のサイバー攻撃による脆弱性を見つけたのはサイバーリスク管理企業「ラピッド7」のジェイ・レドクリフ調査担当。レドクリフ氏は、「ワンタッチ・ピンポンプ」のポンプと高周波リモコン間の信号のやりとりがわずか25メートル離れた場所からのサイバー攻撃で破壊できることを突き止めた。ハッカーによってインスリン量を増やされてしまった場合、患者は死に至る危険性もある。

    J&J社はサイバー攻撃を受ける危険性は極めて低く、ポンプは安全で信頼性が高いとこれに反撃。同社によればこれまでサイバー攻撃を受けた例はない。

    「ワンタッチ・ピンポンプ」は2008年に発売が開始。煩雑な計量操作が省かれ、遠距離からリモコンでインスリンの量をコントロールできる。

    先に伝えられたところ、ノーベル賞受賞者大隅良典氏が発見、解明したオートファジーの仕組みは、将来的に生き物や人の寿命を延ばす道を見つけることができる。

    関連:

    男性の攻撃性の原因の一つは、周囲に女性が多すぎること
    学者:人類は長寿の限界に達した
    タグ
    事件
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント