20:27 2019年12月12日
シャープ

シャープ、最も鮮明な画面お披露目

© AFP 2019 / Kazuhiro Nogi
社会
短縮 URL
0 60
でフォローする

家電見本市「CEATEC 2016 」でシャープ社が、ピクセル密度が1008ppiあるVRヘッドセット用のディスプレイをお披露目した。Anandtechが報じた。

画面サイズは2.87インチで解像度は2160x1920。例えば、VRヘッドセット『Oculus Rift』の解像度は1080х1200でピクセル密度は456ppi。一方で同社は本格生産の準備ができていないが、商品サンプルは数年後にはすでに出る。

また、シャープは8Kディスプレイの試作品を公開した。85インチテレビと27インチのモニターだ。双方ともIGZOテクノロジーが搭載されており、解像度は7680×4320、リフレッシュレートは 120Hz。

先に伝えられたところによると、コロレバアカデミー会員記念サマーラ研究大学の専門家が、電池の寿命を延ばすユニークな技術を披露した。

関連:

超リアルな3DCG女子高生が動く映像公開(動画)
日本、2020年に世界ロボットサミットを開催
タグ
シャープ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント