01:34 2019年11月23日
中国 汚職で元役人に死刑判決

中国 汚職で元役人に死刑判決

© AP Photo / Nate Jenkins
社会
短縮 URL
191
でフォローする

中国の裁判所は、雲南省の元共産党委員会書記の白恩培(バイ・アンペイ)被告に、2億4600万元(約3700万ドル)という特に巨額の汚職金額を受け取ったことに対し、死刑判決を言い渡した。

死刑は執行猶予2年付きで、死刑を逃れられる可能性があることを意味している。被告が猶予期間中に法律に違反しなければ、終身刑となる可能性がある。

被告は、全ての政治的権利を剥奪され、財産も没収された。「スプートニク」が伝えた。

中国では、習近平国家主席が政権の座に就いた2012年から汚職撲滅キャンペーンが始まった。この間に大勢の役人が党の規律違反や汚職によって厳しい処罰を受けた。

先に、拘束されたロシア内務省汚職対策課の元責任者から4億7500万ドル超が見つかった

関連:

被害者学専門家「苦しみは一生続く。死刑に関する日本の自己決定、尊重されるべき」
人は変わり得る存在?死刑廃止の潮流はなぜ生まれたか、日露の事情
タグ
汚職, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント