09:55 2017年07月23日
東京+ 27°C
モスクワ+ 15°C
    オランダの合法安楽死、病苦の他に人生に疲れた人にも対象を拡大へ

    オランダの合法安楽死、病苦の他に人生に疲れた人にも対象を拡大へ

    © 写真: Victor
    社会
    短縮 URL
    24126218

    オランダ政府では医療上の指標が原因ではなく死を望む人にも安楽死を認める法案作りが進められている。

    英ガーディアン紙は、この法案が成立すれば、オランダは人生に疲れて死を望む人もこれ選択する実践を拡大しようとしていると報じている。

    法案の策定は専門家社会との協議の結果、2017年末までに行なわれる。

    オランダは世界にさきがけ、2002年、快癒の見込みがなく耐えられぬほどの肉体的苦痛を味わう患者に対して安楽死を合法化した。

    スヒッペルス保健相は新たな基準の適用対象について高齢者のみとし、その理由は人生に別れを告げる望みが一番多い割合を占めるからと説明したものの、実際の適用年齢については明確にしていない。

    2015年、オランダで安楽死が行なわれた例は5516件。

    なお先に伝えられたところによると、ベルギーでは、安楽死によって初めて不治の病の子供が息を引き取った

    関連:

    同性愛の自分を容認できない、ベルギー人男性が安楽死を希求
    ドイツ議会、お金を対価に自ら命を絶つことを禁ずる
    タグ
    医療, オランダ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント