23:31 2019年08月24日
機密情報の公開サイト「ウィキリークス」の創始者ジュリアン・アサンジ

アサンジ氏、インターネットを切断される

© AP Photo / Kirsty Wigglesworth
社会
短縮 URL
1230

ウィキリークスによれば、ロンドンのエクアドル大使館にいる創始者のジュリアン・アサンジ氏がインターネットを切断された。

​「アサンジ氏のインターネット接続はある国により意図的に切断された。不測の事態に備えしかるべき措置を講じた」とウィキリークスサイトおよびツイッター。

アサンジ氏は2012年よりロンドンのエクアドル大使館にいる。ウィキリークスの活動につき、スウェーデン当局から米国へ引き渡されることを恐れ、エクアドル政府に政治亡命を申請したのだ。

9月半ば、スウェーデン検察は、17日にロンドンのエクアドル大使館でアサンジ氏を尋問する許可を取り付けた。

なお先に伝えられたところによると、内部告発サイト「ウィキリークス」は、今年末までに、3つの国の政府に関するものも含め、重要な文書を公開する

関連:

ウィキリークス、クリントン氏の選対本部長のメール第9部を公開
ウィキリークス:クリントン氏はドローンを使ってアサンジ氏を排除したかった
タグ
インターネット, ウィキリークス, ジュリアン・アサンジ, スウェーデン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント