20:23 2019年10月19日
アサンジ氏

アサンジ氏死亡説がネット上で拡大

© Sputnik / MacNaughton
社会
短縮 URL
0 338
でフォローする

ウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジ氏はすでに死亡しているという噂がネット上に広がっている。ロシアのマスコミが報じている。

噂がたった原因は普段マスコミと積極的な交流を展開するアサンジ氏、ウィキリークスの職員らが接触ラインに出てこなくなったこと。

これより前、アサンジ氏のインターネット接続が切断されたことが明らかにされた。この直後、ウィキリークスのツィッターには文字、数字をばらばらに並べた奇妙な組み合わせが現れた。陰謀論者はこれは一種の暗号でウィキリークスのサイトの職員らがトップのアサンジ氏の死後、出したものと決め込んだ。

アサンジ氏のロンドンのエクアドル大使館住まいはとうとう5年目に突入した。アサンジ氏が接触ラインに出てくることが稀になったため、多くの人はアサンジ氏の死亡を疑い始めている。エクアドル政権側はこれを否定しているものの、政権の声明も信じられていない。

関連:

アサンジ氏のインターネットを切ったのは誰か、ウィキリークスが明かす
アサンジ氏 広報人の恩赦を条件に米国の裁判所に出頭の用意
タグ
ウィキリークス, ジュリアン・アサンジ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント