02:05 2019年12月06日
ワイン

「ノルマンディー4者』会談でワインを注いでもらえなかった首脳は誰?(写真)

© Flickr / jenny downing
社会
短縮 URL
0 131
でフォローする

ウクライナのインターネットニュースサイト「ストラナ・ウア」のスヴェトラーナ・クリューコヴァ副編集長はFacebookのフォロアーらに対しベルリンの「ノルマンディー4者」会談の際、誰にワイングラスがいきわたらなかったかを推測しようと提案した。

クリューコヴァ副編集長はベルリン会談でプーチン、メルケル、オランド、ポロシェンコの4人の首脳を写した写真ではテーブルの上にはワインの注がれたグラスが3つしかおかれていないことに注目した。

ユーザーらはコメント欄に活発に書き込みを始めた。ある者はテーブルに4つめのワイングラスがないのはウクライナのポロシェンコ大統領は自社工場「ロシャン」製造のチョコレートキャンディーがないとワインは口にしないせいだとジョークをとばしている。

他にはポロシェンコ大統領は1杯目を一気飲みしてしまい、写真撮影のときは「ちょうど給油に連れて行かれ」て席をはずしていたんじゃないかという説や、ポロシェンコ氏は内ポケットにフラスコを入れてきたので、ここの酒は飲まないんじゃないかと思われたのではないかという説もあった。

またある女性ユーザーは、実はベルリンではこの指導者のうち誰かさんのことは待っていなかったんじゃないかと予想してしている。

関連:

「ノルマンディー4者」 米国の参加について協議せず
「ノルマンディー4者」の外相 ドンバスへの平和維持部隊派遣について協議へ
タグ
ノルマンディー」4者
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント