00:42 2019年12月07日
中国 世界初のパルサー航法衛星を打ち上げる

中国 世界初のパルサー航法衛星を打ち上げる

© 写真 : Public domain
社会
短縮 URL
0 174
でフォローする

中国は10日、世界初のX線パルサーの放射に基づく航法衛星の打ち上げに成功した。ゴビ砂漠にある酒泉衛星発射センターから、ロケット「長征11号」によって打ち上げられた。

衛星は、中国空間技術研究院(CAST)によって開発され、XPNAV-1と名付けられた。CASTによると、衛星の重さは200キロ以上。

先に衛星の主任開発者シュアイ・ピン氏は、衛星の主な目的について、それを基盤に航法データベースの作成を可能とする26個のX線パルサーからの信号を検出することだと発表した。このようなデータベースの作成には5年から10年かかるという。

X線パルサーの放射に基づく航法は、GPSシステムよりも高い精度を有する。

関連:

中国 初の水上原子力発電所の建設を開始
中国で大型ロケットが打ち上げられる(動画)
タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント