02:32 2020年10月31日
社会
短縮 URL
242
でフォローする

この1年で数千人のシリアとイラクの民間人が米空軍の空爆により死亡した。ロシア国防省筋が報じた。

情報筋は、シリアイラクに派遣されている米空軍は1日20発の爆撃、もしくは1年で7300発の爆撃を行ったと指摘した。

「しかも、この『作業』の非常に大きな部分はB-1BからB-52Hまでの戦略爆撃機に割り当てられている。これら爆撃機の絨毯爆撃の『人道性』と『正確性』は、ベトナム戦争の時代からよく知られている」と情報筋は強調した。

関連:

シリアで下院議員補佐官が死亡
ロシア下院 シリアの人道停戦がロシアに必要な理由を説明する
タグ
イラク, シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント