08:22 2020年10月26日
社会
短縮 URL
0 70
でフォローする

10月にウラジオストク近郊で目撃されたアムール・タイガーは保護された後、インタネットで名前を募集。

10月にウラジオストク近郊で目撃されたアムール・タイガーは保護された後、インタネットで名前を募集。
イギリス、ドイツ、イスラエル、アイスランド、オランダ、アメリカ、フランツ、ウクライナ、日本など、合計27か国から投票があって、ウラジオストク市の氏名から一部を取り、「ウラシック」君とトラの名前が決まった。
ついでにいくと、地元っ子たちはウラジオストクのことを「ウラジック」と相性を込めて言う。
リア・ノヴォスチ通信によると、ウラジック君は専門家の下で保護され、管理パスポートと発信機を与えてもらい、来年の春を目途に野生に戻される予定だ。

関連:

日本の旅行代理店、ロシア沿海地方の新たなツアーを作成中 (写真)
日本の皆さん、可愛いがってね、ロシアのアムールトラが秋田へ出発
タグ
動物, 極東, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント