23:52 2017年08月22日
東京+ 27°C
モスクワ+ 30°C
    キューバ

    フィデル・カストロ氏死後もキューバは政策を継続する―専門家

    © Flickr/ Chris Pawluk
    社会
    短縮 URL
    1279141

    キューバ革命の指導者フィデル・カストロ氏が死亡したが、その内政方針は今後も継続される。モスクワ国立国際関係大学教授でロシア国際問題評議会委員の歴史学者エヴゲーニイ・アスタホフ氏がリア・ノーヴォスチに対し述べた。

    フィデル・カストロ氏は金曜22時29分(モスクワ時で土曜6時29分)、90歳で死去した

    「武装闘争としての革命はとうに無くなっている。国民生活の改善という意味でのそれは、今後も継続されると思う。米国との関係正常化にもかかわらず、依然として革命の目標は残る」と同氏。
    キューバの生活水準は依然として非常に低いままである、とアスタホフ氏は言う。

    「キューバでは人間が精神生活において人間であるということが目指されている。乞食はいない。我々の場合は乞食で溢れかえったものだが、キューバでは人々は誇り高く、屈することなく、尊厳をもって貧しい生活を送っている。少なくとも癌に関しては最高の医学があり、バイオテクノロジーも素晴らしい。多くの点で彼らは我々にとって発展と生活の模範である」

    「革命はバリケードや『マイダン』的な意味でなく純精神的な意味で継続される。キューバ国民のような誇りと主権をもった国民は稀だ。しかし変化や改革は続き、改革路線の人々も現れるだろう。しかし、それはドルシステムに依存するような国になるのではなく、国民生活を改善する方向での改革になるだろう」と同氏。

    関連:

    カストロ前議長の葬儀日が明らかに
    カストロは死に、マイアミは生きる:米国でフィデル・カストロ氏の死を祝う(動画)
    タグ
    キューバ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント