08:28 2020年10月26日
社会
短縮 URL
1116
でフォローする

人間はペットからの愛に値しない生き物なのではないかとの疑いを抱かせるエピソード。 米カリフォルニア州のとある家庭に飼われていた1匹のジャーマン・シェパードが迷子になり、動物シェルターに保護された。家族はすぐにやって来た。

しかし、家族は犬を引き取りにきたのではなかった。「この犬を引き取る変わりに、他の犬を連れて帰りたい」との言葉を聞いたスタッフの驚きはいかばかりであったか。

家族によれば、犬は「父親の死を悲しみ、鳴いてばかりい」て、家族は我慢ができなくなった。「悲しみを乗り越えるためにも、シェルターに残ったほうが犬のため」だという。

犬と家族のフェンス越しの面会の様子が動画に記録されており、これがフェイスブックに公開されると、嵐のような非難が巻き起こった。

犬はズズと名付けられ、別の動物愛護団体の元で新たな家族を待っているという。犬は再び信頼し、愛するに足る人間の家族に出会えるだろうか。ロケットニュース24が伝えた。

関連:

…犬?猫だよね…?ウェブ困惑(写真)
犬の目からみたモスクワ生活、プーとコロの10年
タグ
動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント