08:19 2018年11月17日
仏紙:英米諜報機関 エール・フランス機乗客の携帯電話を盗聴

仏紙:英米諜報機関 エール・フランス機乗客の携帯電話を盗聴

© Photo: REUTERS/Christian Hartmann
社会
短縮 URL
118

英国と米国の諜報機関は、フランスの航空会社エール・フランスの乗客の携帯電話を盗聴していた。水曜日、フランスの夕刊紙ルモンドが伝えた。

この情報は、以前極秘扱いされていたが、ルモンドとサイトThe Interceptの協力により公開された。The Interceptは、米国の元諜報機関員エドワード・スノーデン氏のアーカイブを保管している。飛行中、インターネットにアクセスし携帯電話を使えるようになったことで、データを「ほとんどリアルタイムに」収集できる特別プログラムが生まれた。

ルモンドは、次のように指摘している-

「データ傍受は、スマートフォンのユーザーの名前を特定するため、飛行機の便名や乗客リストと対比されていた。プログラムは、離れていても、ユーザーがデバイスを再稼働しなくてはならなかったほど、電話の働きを妨害することができた。その間、英国の諜報機関は、同一であることが確認されたデータを傍受していた。」

関連:

スノーデン氏:欧米は「最も強力な監視」を合法化しようとしている
スノーデン氏、米大統領選挙の結果は自分にどう反映するか
タグ
英国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント