07:20 2018年09月19日
カメラ

羽田空港、ロシア人記者らの搭乗を拒否、原因はTVカメラ

© Fotolia / Microgen
社会
短縮 URL
5731

東京国際空港の安全管理部は、プーチン大統領の訪日を取材するため山口県宇部行きの飛行機に乗り込もうとしていたロシア人記者ら数名の搭乗を拒否した。搭乗拒否の原因となったのは日本製のTVカメラ。搭乗拒否に遭遇した記者のひとりがリアノーボスチ通信に語った。

「空港の安全管理部は羽田発宇部行きの飛行機に乗り込もうとしていたロシアの第1チャンネルの撮影班を日本製のTVカメラの技術基準に言いがかりをつけて搭乗させなかった。その一方で全く同じ型のカメラを携帯した日本人記者らには税関は何の質問もせずに通した。」搭乗拒否に遭遇した記者はリアノーボスチ通信に対してこう語っている。

記者によれば、現在15人の日本人専門家らがロシア人記者らの携帯するTVカメラを検証しており、宇部行きの飛行機はロシア人記者らを乗せずに離陸した。

関連:

日本外務省、12月15-16日のロシア大統領訪日プログラムを公式発表
日本政府、オスプレイの飛行停止要請【写真】
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント