15:25 2020年08月09日
社会
短縮 URL
152
でフォローする

17日にローマ法王フランシスコは80歳の誕生日を迎える。14日のバチカンのサンピエトロ広場での水曜恒例の一般謁見で、信者らがハッピーバースデートゥーユーを歌いながらお祝いの言葉を贈った。法王は「ありがとう」と笑顔でこたえた。その後、「でも誕生日の前祝いは私の国(アルゼンチン)では縁起が悪いこと」と冗談交じりに語り、広場は笑いに包まれた。共同通信が報じた。

2013年に就任した法王は気さくな人柄で人気が高く、世界の首脳らも一目を置くほど大きな影響力を持つ。独自のスタイルでカトリック教会の改革に取り組むが、教会内の保守派の抵抗にも直面している。

来年3月で就任4年となるが、これまでにメディアの取材に対し「私の在位期間は短い感じがする。4~5年か…」などと存命中の引退の可能性を示唆する意味深な発言をしている。

 

 

 

 

関連:

任天堂の新ゲームをプレーしながら同時にケーキを食べるには?(動画)
タグ
イタリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント