02:26 2018年09月21日
マスメディア:ヒトラー生家、取り壊さず社会福祉施設に改装案

マスメディア:ヒトラー生家、取り壊さず社会福祉施設に改装案

© Flickr/ Bernd Thaller
社会
短縮 URL
0 42

オーストリア北部オーバーエスタライヒ州のピューリンガー知事は15日、同州ブラウナウにあり、強制収用が決まったナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの生家を取り壊さず、社会福祉施設に改装する考えを示した。オーストリア通信に基づいて、共同通信が伝えた。

ソボトカ内相とブラウナウのワイトバッハー市長との協議後に語った。ピューリンガー氏は、生家を取り壊した場合「負の歴史の一章を消し去った」との非難を浴びるとして、取り壊さないことを決めたと述べた。

生家は、2011年夏まで障害者福祉団体がデイサービス施設に使用しており、ピューリンガー氏は同団体の再入居を検討。人間の生を前向きに捉え、ナチスの犠牲者を思い、ヒトラーの犯罪への「明確な反対の象徴になる」と説明した。

生家の「ネオナチの聖地化」を防ぐため、内務省委託の専門家委員会は「建築の徹底的な変更」を勧告。ソボトカ氏は一時、生家の取り壊しを提案していた。

 

 

関連:

高齢者の寿命を延ばす方法が明らかに
学者:世界数百人のパイロットがうつ状態
タグ
オーストリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント