05:35 2017年12月14日
東京+ 3°C
モスクワ+ 2°C
    今のチェコ人は祖父世代より年間2倍多くビールを飲むーマスコミ

    今のチェコ人は祖父世代より年間2倍多くビールを飲むーマスコミ

    © Fotolia/ Volff
    社会
    短縮 URL
    0 10

    チェコが1人あたりアルコール摂取量が世界で最も高い国の1つだと考えられているのは正しい。プラハのサイト「Idnes」のデータによると、平均的なチェコ人は年間147リットルのビールを飲む。

    「2015年度のデータが示すところ、チェコ人1人あたり約147リットルのビールを飲んでおり、これは70年前の約2倍多い」と同サイトは報じる。リア・ノーボスチが農業アナリストペトル・ガベル氏を引用して報じるところ、チェコスロバキア社会主義共和国でビール摂取の伸びをかなりの程度促進したのは、アルコールを含めた食料品の意図的な余剰生産。当時の政権はこのように、自動車や電化製品といった「贅沢品」カテゴリーに属するものを含む他の消費財の不足や、社会主義陣営から出られないことを、低価格の食料品によって補おうとしていた。

    さらにガベル氏は、チェコでのビール摂取量の急激な伸びの深刻な原因となった可能性があるのは、1950年代はじめ、重産業や鉱業が大きく拡大し、特に高温での仕事場と関係した多くの職業の人に、仕事中にビールを飲むことが許されたことだと指摘した。

    関連:

    ペルーでサンタクロースが麻薬密売人の巣窟を急襲【動画】
    相対性理論:サンタクロースはどうやって一晩で世界中の子供たちにプレゼントを届けるのか?
    タグ
    チェコ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント