13:24 2018年11月16日
フィリピンのドゥテルテ大統領

フィリピン大統領 今度は「国連を燃やす」と脅迫

© AP Photo / Aaron Favila
社会
短縮 URL
8344

フィリピンのドゥテルテ大統領は、過激な物言いで有名だが、今回は国連を批判し、新聞he Independentによれば「国連を燃やす」と脅したという。

フィリピン南部のサンボアンガにある軍事基地でのエンゼルの中で、ドゥテルテ大統領は「国連に苦情を言いに、もし米国行くことができるなら、国連を燃やしてやる」と述べた。

こうした暴言は、国連付属の人権保護機関が、麻薬取引に関与したとされる容疑者殺害について調査を求めたことに、大統領が不満感を抱いていることから来たものである。国連のデータによれば、ドゥテルテ氏が大統領の座についてからこれまでに、フィリピン国内では、麻薬売買に関連して6千人以上が殺害された

関連:

フィリピン 国連の「知識不足」に不満はあるが、脱退はしない
フィリピン、国連脱退とけん制
タグ
国連, フィリピン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント