02:09 2018年10月19日
レストラン

サンフランシスコ、料理は皿の代わりにiPadに載せて

© Flickr/ jenny downing
社会
短縮 URL
0 04

サンフランシスコのレストラン「Quince」ではホワイトトリュフを使った料理をiPadに載せて出し始めた。この料理、題して「金を探す犬」と命名されている。ブログ「9to5mac.com」はこんな文章を紹介している。

「Quince」は今年の初め、3度目となるミシュランの星を与えられた。

その「Quince」がより多くの若者層をターゲットにすえた。ブロガーは、それ以外の新鮮なアイデアはレストラン幹部の脳裏には浮かばす、こんな奇天烈な決定を採ったのではないかと書いている。

iPadから食べるというのはあまり食べやすいものではないらしい。それに疑問も残る。食べ終わったあとの皿、いやiPadはどうするのだろうか? そのままゴミ箱にポイと捨てるのはあまりにも浪費が過ぎる。だが衛生基準に従って洗うとなると、機械が壊れないようにするにはどうしたらいいのだろうか?

関連:

ポケモンGOには思わぬ効果があった!
学者、SNSが寿命を伸ばす可能性あると解明
タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント