12:32 2018年02月20日
東京+ 7°C
モスクワ-7°C
    手錠

    離陸直前に気絶した酔っぱらいパイロットを逮捕、カナダ

    © Fotolia/ ViewApart
    社会
    短縮 URL
    0 23

    カナダ警察は、同国カルガリー空港で離陸数分前に操縦室で気絶した、旅客機の泥酔パイロットを逮捕した。

    格安航空会社(LCC)のサンウィング航空乗組員が、パイロット(37)の行動が奇妙なことに気づき、警察に通報した。

    「彼らはパイロットが椅子から落ちるのを目撃した。それは機長だった」とカルガリー警察の報道担当が述べた。

    警察は、血中アルコール濃度が基準値の3倍以上だったと発表。

    結果的に、メキシコ・カンクン行きの旅客機は代わりのパイロットが操縦したため、遅れは僅かだった。機内には99人の乗客と6人の乗員がいた。

    関連:

    カナダ人、町中をスケート靴を履いて移動し始める【動画】
    ゲーム「GTA」をプレイしすぎたカナダの少年、車を盗む
    タグ
    カナダ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント