15:06 2018年11月19日
ロシアスキー選手、ソチ五輪剥奪の可能性

ロシアスキー選手、ソチ五輪剥奪の可能性

© Sputnik / Alexander Vilf
社会
短縮 URL
0 010

ロシアの選手がまたもや、ドーピングスキャンダルの関心の中心に入った。アレクサンドル・レフコブとマクシム・ビレクジャン選手の反ドーピング規則違反があった場合、ロシアはソチ五輪のスキー競技でのメダル4つを失う可能性がある。

ソチ五輪でアレクサンドル選手とマクシム選手はスキー50キロ競技で金メダルと銀メダルを獲得した。また、両選手はスキーリレーで銀メダルを獲得した。さらにマクシム選手とニキータ・クリュコフ選手は団体スプリントで銀メダルを獲得。

「vesty.ru」が報じるところ、2016年12月30日、国際スキー連盟はスキー選手らの訴えを退けた。アレクサンドル・レフコフ選手、エブゲーニヤ・ベローワ選手、マクシム・ビレグジャニン選手、アレクセイ・ペトゥホフ選手、ユリヤ・イバノバヤ選手、エブゲーニー・シャポバロバヤ選手らは、反ドーピングルールを違反した疑いを持たれ、一時的に試合の参加資格を剥奪された。

先に、ドーピングスキャンダルの中心にロシアフィギュア選手が入った。

関連:

プリュシェンコ選手、2018年平昌五輪の代表団リストからもれる
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント