01:09 2018年12月15日
1月3日から4日にかけて流星群が観測できる

1月3日から4日にかけて流星群が観測できる

© AFP 2018 / Jorge Guerrero
社会
短縮 URL
0 40

1月3日から4日にかけての夜、しぶんぎ座流星群がピークを迎える。地球上を1時間に100個の流星が飛ぶ。流星を見るためには雲のない晴れた空が必要だが、月は満ち始めたばかりで、しかも深夜には地平線の向こうに消えるため観測の障害にはならない。

流星群は天体も小さく、地球の表面近くには飛ばず、ほぼ大半が海抜80キロの大気圏で燃え尽きるため地球には危害を与えない。

しぶんき座流星群が最初の記述に現れたのは1825年1月2日、イタリアのアントニオ・ブルカラッシによる。その後、天文学者らは流星群の起きるサイクルを割り出し、毎年繰り返される事がわかった。

ここ数年、流星群は頻繁にカメラに撮影されるようになり、美しい映像はインターネット上で多くの人の目を楽しませている。

関連:

シベリアに隕石落下 【動画】
NASA、向こう5日の小惑星アポカリプス警告へ
タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント