01:58 2020年10月31日
社会
短縮 URL
3121
でフォローする

ロシア保健省は、反タバコのコンセプトを立案した。その重要な新機軸の一つは、2014年以降に生まれた人へのタバコの販売を禁止するというもの。

2014年以降に生まれた人たちは、18歳になってもタバコを購入することができなくなる見込み。新聞「イズヴェスチヤ」が報じた。

反タバコ・コンセプトの文書を準備するよう命じたのはスクヴォルツォワ保健相。その目的は、今後10年でロシア人の喫煙者数を25%まで削減すること。

そのための措置には、停留所、共同住宅、公共交通機関、国内便および国際便での喫煙の全面禁止が含まれているほか、反対者がいる中での喫煙も禁止される。

ロシア保健省はすでに全ての連邦所轄官庁にコンセプト案を送ったと指摘した。

なお、日本も屋内は全面禁煙の方針で検討している。

関連:

科学者ら、喫煙の恐ろしい悪影響を明らかに
日本政府 カフェやレストランを全面禁煙へ
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント