07:23 2017年12月14日
東京+ 2°C
モスクワ+ 1°C
    パリス・ジャクソン

    なぜマイケル・ジャクソンの娘は、父親が殺されたと確信しているのか?

    © AP Photo/ Thibault Camus
    社会
    短縮 URL
    1130

    マイケル・ジャクソンの娘は、彼女の父親は麻酔薬の過剰摂取によって死んだのではなく、殺されたと思っている。「ローリング・ストーン」誌のインタビューで、18歳のパリス・ジャクソンは、父の死は「仕組まれたもの」であると語った。公式的な発表によれば、マイケル・ジャクソンは、2009年の6月25日に、麻酔薬プロポフォールを過剰摂取したことによる中毒で亡くなったとされている。

    マイケル・ジャクソンの専属医だったコンラッド・マレーは2011年、過失致死で有罪判決を受け懲役刑になった。しかし刑期の半分を終えたところで、期限より早く自由の身になった。マレーの弁護団は、マイケル・ジャクソンはプロポフォールの中毒になっており、医師が不在の間に、自身で必要以上に過剰に摂取したと断言した。

    パリス・ジャクソンは、父が亡くなったとき11歳だった。彼女は、世間もこの話を部分的に知っているはずだと考えている。パリスの言葉によれば、父は殺されるかもしれない、と話していたという。「あるとき父は言いました。『いつかあいつらに殺される』と。」父親が殺されたと確信しているのか、というジャーナリストの問いに対して彼女は「もちろん」と答えた。

    パリスの言葉によれば、多くの人が彼女の父の死を願っていた。そして彼女は、彼らの責任を問うつもりだ。

    パリス・ジャクソンは2013年の夏、うつ状態に苦しみ、自殺未遂をした。

     

     

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント