07:00 2019年12月09日
ナチステーマのカフェ、客入り悪く閉店ーインドネシア

ナチステーマのカフェ、客入り悪く閉店ーインドネシア

© AFP 2019 / Robert Michael
社会
短縮 URL
0 30
でフォローする

インドネシアのバンドンにあったナチスをテーマにしたカフェ「Soldatenkaffee(兵士のカフェ) 」が客入りが悪いことを理由に閉店した。マッシャブルが報じた。

同カフェのフェイスブックのページには、カフェは「親ナチスではな」く、「ヒトラーやナチスをポップカルチャーとして意味付け」ようと試みるものだと説明されている。カフェの内装には、かぎ十字章やドイツ第3帝国の巨大なワシの像など、ナチスドイツや国家社会主義ドイツ労働者党のいくつかの人気のシンボルが多用されていた。カフェの指導部は、資金援助者を探しており、カフェの再開を期待していると述べた。

 

先に伝えられたところ、第2次大戦中のナチス・ドイツに行ったホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の中心となったアウシュビッツ強制収容所跡の博物館は2016年の訪問者数が前年より多く約205万人となり、過去最多だったと主張した。

タグ
ナチズム, インドネシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント