01:50 2021年06月22日
社会
短縮 URL
0 01
でフォローする

インドの16歳の少女シャリニ・ヤダヴさんは、生まれた時から45日毎に皮膚が剥がれ落ちる。

ヤダヴは数時間ごとに保湿クリームを使用しなければならない。ヤダヴさんは外見が原因で学校から追放されたという。

​医師たちは、紅皮症と診断した。残念ながら今のところ現代医学の枠内で紅皮症を治すことは不可能とされている。死に至ることはないが、ヤダヴさんの母親は、毎日が試練だと語っている。

先に、学者らは最も謎めいた疾患のリストを公開した。

タグ
インド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント