03:35 2020年08月09日
社会
短縮 URL
240
でフォローする

ブルガリアで野良猫のプーにチタン製のバイオニック義肢がつけられた。AP通信が報じた。

AP通信によると、プーは事故で後ろ足を失った。

外科医のヴラジスラフ・ズラティノフ医師は、プーを助けるため後ろ足に特注のチタン製インプラントを埋め込み、そこに取り外し可能な義足をつけた。

先に伝えられたところ、トルコ北部ギレスンで、地元の男性が雪の降る日に路上で凍えていた犬に自分のコートをかけてあげた。

タグ
テクノ, 動物, ブルガリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント