23:55 2017年12月13日
東京+ 6°C
モスクワ+ 4°C
    築地市場の移転問題

    築地市場(東卸)の新理事長:豊洲移転、考えられない

    © REUTERS/ Toru Hanai
    社会
    短縮 URL
    252

    東京・築地市場(中央区)の水産仲卸で組織する東京魚市場卸協同組合(東卸)の早山豊理事長は1日、同市場内で記者会見を行い、豊洲市場(江東区)への移転について、否定的な見方を示した。

    早山氏は、今年1月末に東卸の理事長に就任。移転を前向きに進めてきた前理事長とは異なり、豊洲移転に対し、慎重派とされている。
    都が1月中旬に公表した豊洲市場の地下水調査結果で、環境基準を大幅に上回るベンゼンなどが検出されたことを受け、早山氏は「現段階で豊洲への移転は考えられない」と強調した。
    このほか、都が昨年3月にまとめた報告書で築地市場にも土壌汚染の可能性があるとされた点に関し、取引への影響など「今後われわれにとって困った問題になる可能性があり、非常に困惑している」と語った。時事通信が報じた。

    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント