14:57 2017年12月14日
東京+ 9°C
モスクワ+ 0°C
    オランダ当局、市民1人に運河から80匹の金魚確保を要求

    オランダ当局、市民1人に運河から80匹の金魚確保を要求

    © AP Photo/ Chitose Suzuki
    社会
    短縮 URL
    140

    オランダの当局が、ヴィーネンダール市に住む男性に、自身が運河に放流した金魚を捕まえるよう要求した。BBCが報じた。

    スプートニク日本

    オランダ企業活動庁はハンス・ヴァン・マネンさんに、要望を実行するための機関として1ヶ月の猶予を与えた。その期間をすぎると、国家公務員が金魚確保に取り掛かり、マネンさんはその費用を支払わなければならない。

    昨年6月、マネンさんはヴィーネンダール市の運河に80匹の金魚とコイ科の魚200匹を放流した。

    当局は、滝を通じてこれらの魚の卵が他の水域に至ること、金魚がオランダに生息するコイと交配することを危惧している。

    マネンさんは、彼の構想はこのように終わったことを反省しており、当局の要求に従うと述べている。

     

    Facebook

    フェイスブックでぜひフォローして、興味深いニュースをいち早く入手してください。スプートニク日本のニュースを友達にシェアしてください。みなさんのご意見や関心は私たちにとって重要です。

    タグ
    動物, オランダ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント