12:30 2017年09月26日
東京+ 24°C
モスクワ+ 11°C
    Суши на голой японке

    エジプトで日本食商談会 すしの握りも披露

    © Fotolia/ Forewer
    社会
    短縮 URL
    122831

    エジプトの首都カイロで18日、日本の食品関連企業10社が参加する商談会が開かれた。地元企業に日本食の魅力を知ってもらい、日本の農林水産物の輸出促進を狙うほか、日本企業の投資活性化を目指す。

    日本米がエジプトに紹介されて今年で100年となるのを記念し、在エジプト日本大使館が主催。すしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村(東京)の木村清社長らがマグロに包丁を入れて握りを披露し、訪れたエジプト人らに大トロや中トロを振る舞った。共同通信が報じた。

    月山酒造(山形県寒河江市)やマルト製菓(広島県福山市)なども会場のホテルにブースを出店、日本酒やカステラの魅力を説明した。月山酒造の鈴木潤一専務は「エジプトはイスラム圏で、アルコールを飲まない人は多いが、欧州やアジアから観光客がたくさん来る。多くの人に日本酒を楽しんでほしい」と話した。

    エジプトは現在、中東・アフリカ地域最大のコメ生産国。1917年に当時の政府がコメ生産を奨励し、日本米とエジプト米を基に品種改良を始めた。

    タグ
    エジプト, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント