16:07 2017年08月18日
東京+ 28°C
モスクワ+ 22°C
    うつ病の流行が世界を陥落する 専門家の警告

    うつ病の流行が世界を陥落する 専門家の警告

    © Flickr/ Michael Clesle
    社会
    短縮 URL
    253824

    うつ病は、世界で最も広まっている疾患の1つだ。報道によると、ロシアの専門家はこの件に関して穏やかならない結論を出した。ロシア保険省の主任精神科医ズラバ・カメリゼ氏によると、2020年までに、うつ病が一時労働不能の、世界で2番目の原因となる。

    スプートニク日本

    カメリゼ氏は、「2020年までに、1年間の労働不能日(の原因)において、うつ病は2番目となり、1番目となると考えるものもいる。この予測は昔になされたもので、残念ながら、(正しいと)確認されていっている」とコメント。

    一方、世界保健機関(WHO)付属ロシア連邦代表部のメリタ・ブイノビチャ代表は次のデータを挙げた。ロシアを含んだWHOの欧州地域では、4000万人がうつ病性障害を患っている。ロシアでの数はおよそ800万人で、人口の5.5%ほど。

    タグ
    医療
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント