00:09 2019年12月10日
ボスニア・ヘルツェゴビナ TV司会者が売春バイトで降板

ボスニア・ヘルツェゴビナ TV司会者が売春バイトで降板

© Fotolia / Karelin Dmitriy
社会
短縮 URL
0 40
でフォローする

ボスニア・ヘルツェゴビナのTV局「ピンク」で人気の女性司会者が売春を働いていたことを理由に解雇された。サン紙が報じた。

スプートニク日本

解雇されたのはセナダ・ヌルキチ氏。ヌルキチ氏は自ら売春をしてバイトをしている事実を告白。「ピンク」TV指導部はこの告白の後、ヌルキチ氏が司会していたショー番組の放映を停止した。

ヌルキチ氏は「売春は他の活動となんら変わりはない。これが悪いことだと私は一切思わない。私は生き抜くためにバイトせざるを得なかったのだ」と語っている。

ボスニア・ヘルツェゴビナでは売春は禁じられているが、ヌルキチ氏はそれに怯むことなく、こうした煽動的な声明を表した。

先の報道によると、米オハイオ州警察が、男性タクシー運転手への性的暴行と強盗の容疑で、23歳の女性を逮捕した

タグ
ボスニア・ヘルツェゴビナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント