07:51 2018年06月25日
NASA、地球外に生命存在を可能に

NASA、地球外に生命存在を可能に

© 写真 : NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute
社会
短縮 URL
0 810

アメリカ航空宇宙局(NASA)が重大な発表で地球以外に太陽系では生命が存在する可能性を明らかにする。多数のマスコミが報じた。 テレビ朝日系によると、東京大学地球惑星科学専攻の関根康人准教授は「生命の可能性に迫る発見」と予想している。

スプートニク日本

対象になったのは土星の月『エンケラドス』。NASA の調査によると、エンケラドスの地下には海があり、海底には『熱水環境』と呼ばれる温泉のようなものが存在することが明らかになっている。海の調査は、生命の存在と密接な関係があるという。

関根准教授は「地球外に生き物が見つかった時に、地球の生き物はある種一つの家族だと再認識されるのではないか。それぞれ人種や国によって文化も違うが、一つの家族という認識を得ることができれば、これから地球上で人類がどう生きていくか、科学を超えた意味で示唆を与えられるのではないか」と語った。

タグ
宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント