12:00 2017年08月18日
東京+ 27°C
モスクワ+ 18°C
    米国でインターネット創設者の1人が死去

    米国でインターネット創設者の1人が死去

    © Fotolia/ Angelus_liam
    社会
    短縮 URL
    1536 0 0

    米カリフォルニアのウッドサイドで、インターネット創設者の1人、ロバート・テイラー氏が死去した。85歳だった。息子のクルトさんが明らかにした。ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

    スプートニク日本

    クルトさんによると、テイラー氏は4月13日に自宅で死去した。テイラー氏は、パーキンソン病と「他の病気」を患っていたという。

    ロサンゼルス・タイムズによると、テイラー氏は米国防総省で学者として働いていた。1960年代にインターネットネットワークのプロトタイプARPANETを始動させた。その後、ゼロックス社パロアルト研究所(PARC)で働き、パーソナルコンピュータ、データ転送技術Ethernet、コンピュータディスプレイを開発したチームを率いた。

    テイラー氏は1968年、「人々は数年後、差し向かいで会うよりも機会を用いてより効果的にコミュニケーションを取れるようになるだろう」と予言していた。

    タグ
    インターネット, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント