09:00 2018年10月17日
米国 イスラム教徒の少女がヒジャブ着用でボクシングをする権利を獲得

米国 イスラム教徒の少女がヒジャブ着用でボクシングをする権利を獲得

© Flickr/ Aberro Creative
社会
短縮 URL
0 43

米ミネソタ州在住の女性のイスラム教徒アマリヤ・ザファルさんん(16)は米国でヒジャブを被り、ボクシングの試合に出る権利を勝ち取った。地元の大衆紙「スター・トリブーン」が報じた。

スプートニク日本

ヒジャブはイスラム法で決められている女性が頭を覆う布のこと。「スター・トリブーン」紙によれば、アマリヤさんには試合でヒジャブを被り、手足を覆うことが許された。

アマリアさんのボクシングのコーチを務めるナタニエル・ハイレ氏は「これは重要な一歩だ。彼女はこれを勝ち取るために多くの努力を費やし、自分の習慣を公にアピールする権利を勝ち取ったのだ。本当によかったとおもう」と語っている。

それより前に米軍は、国内の宗教的少数派に対して例外なしに従軍の機会を保障するため、外見の新基準を公開した。それによると、軍人は髭を生やし、ターバンやヒジャブを着用することができるようになる。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント