11:20 2019年12月13日
東本願寺

東本願寺 40年以上も残業代未払い

© Wikipedia / 663highland
社会
短縮 URL
208
でフォローする

真宗大谷派の本山・東本願寺が、一部の僧侶に40年以上も残業代を支払っていなかったことが分かった。日本のマスコミが報じた。

スプートニク日本

僧侶2人が、全国から泊りがけで訪れる門徒の世話役として働いていた。多い月には時間外労働が130時間に上っていたが、残業代は支払われていなかったという。僧侶たちは支払いを要求し、寺側は2013年11月から今年3月までの合わせて約660万円を2人に支払った。なお2人は3月末に雇い止めになったという。日本のマスコミが報じた。

東本願寺は、一部の僧侶に対して40年以上も残業代を支払っていなかったという。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント