05:14 2018年06月22日
食べながら痩せる:スラリとした体形を保つ助けとなる5つの食物

食べながら痩せる:スラリとした体形を保つ助けとなる5つの食物 【写真】

© Fotolia / Ponomarencko
社会
短縮 URL
242

おいしくお腹いっぱい食べたい、でも余計な体重を増やしたくない。そうした希望は実際、実現可能だ。

スプートニク日本

この場を借りてスプートニク編集部は、ユーザーの皆さんに、スマートな体形を保つ助けとなる食べ物リストを御紹介したい。

水分を含んだ食べ物

スープ
© Fotolia / Seqoya
スープ

水分を多く含んだ食物は、カロリーが低い。例えばフルーツや野菜、スープ、お粥といったものは80-95%が、一方ヨーグルトや卵、豆類や海産物は60-75%が水分だ。またヌードル入りのスープ(125カロリー)鶏肉入り野菜サラダ(100カロリー)は、ハムとチーズ入りサンドイッチ(500カロリー)と同様の栄養価の昼食となる。

朝食の卵

砂糖や小麦粉を多く含んだ食物は、食べても、数時間後にはもう又何かを食べたくなってしまう。そうした事から、朝は、卵焼きやオムレツ、全粒粉パンにポーチドエッグ(落とし卵)あるいはスクランブルエッグを食べることをお勧めしたい。

全粒穀物

パン
© Fotolia / AGphotographer
パン

全粒小麦や玄米、全粒パンあるいはワッフルは、単なるパスタやパン、お菓子の古典的バージョン以上の意味を持つ健康的な選択だ。これらは、満腹感を長く維持させる食物繊維を多く含むため、そうしたものを食べてから1時間、人は何かをつまみたいとは思わない。つまり、丸一日あなたは本来食べるよりも少ない量の食物を取ることになる。

シャーベット及び凍らせたフルーツ

甘いものを食べたいという思いを満足させるには、凍ったヨーグルトか凍らせた新鮮な果物が良い。低カロリーで、おそらくとてもおいしいシャーベットになる。もしバナナを凍らせた場合、あなたが、アイスクリームよりおいしいと感じること請け合いだ。バナナは、桃やナシなど他の柔らかい果物同様、初めにハンドブレンダーを使ってそれらに少量のミルクを混ぜ、その後で冷凍庫に入れれば、30分から40分後には素晴らしい氷菓に姿を変える。また水と果汁100%のジュースを1:1の割合で混ぜ、それを凍らせれば、ホームメイドのより新鮮なシャーベットになる。

ファーストフードを正しく利用

バーガー
© Fotolia / Gosphotodesign
バーガー

定期的にファーストで食事するのは、体重を増やす直線コースだが、もしあなたが大好きなハンバーグやフライドポテトを止めようとすれば、当然ながら、炭水化物が無性に食べたくなり、それは脅迫的過食につながりかねない。だからファーストフードを全く拒否するのではなく、少し回数を減らし、そして量に注意しながら食べるようにしたらよい。また、例えばハンバーガーと一緒にフライドポテトではなく野菜サラダを注文するなど、バランスにも心がけ、飲み物もコーラではなく、炭酸の入っていない水あるいはジュースを選ぶとよいだろう。

これに先駆けてスプートニクは、健康に不慮の害をもたらす食品の一覧を発表した。

タグ
食事, 健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント