18:44 2020年10月20日
社会
短縮 URL
0 156
でフォローする

ホワイトハウスノショーン・スパイサー報道官はトランプ米大統領が25日、ブリュッセルでのNATOサミットの記念撮影の際に、なぜモンテネグロのドゥシュコ・マルコヴィチ首相を押しのけたのかについて、記者団に釈明した。

スプートニク日本

スパイサー報道官によれば、トランプ大統領はNATO加盟諸国首脳の集合写真の撮影の際に、あらかじめ決められていた首脳らの配置図にしたがって、マルコヴィチ首相を脇にどかした。報道官は、首脳らの「家族集合写真」の配置図は前もって全員に合意のとれたものであり、トランプ氏はいい場所をとろうとしたのではないと強調している。

この集合写真撮影時の事件は米国の多くのマスコミが報道した。ワシントンポスト紙はトランプ大統領の行為を「国の恥」と厳しく批判している。

タグ
NATO, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント