09:10 2020年04月02日
社会
短縮 URL
0 61
でフォローする

米企業「スペースX」のCEOのイーロン・マスク氏は米国が気候に関するパリ協定から離脱した場合、ホワイトハウスの大統領諮問委員会のメンバーを降りることを宣言した。同諮問委員会は16人の米国人企業家が参加するもので、経済成長、雇用創設、労働生産性の向上を目指した助言を行っている。

スプートニク日本

「パリ協定がどうなるかわからない。だが直接的に、また諮問委員会やホワイトハウス内のほかの人を通して協定にとどまるよう大統領を説得するよう最善を尽くしてきた。」

マスク氏はこう記している。米国が協定から離脱した場合、どう行動するかという問いに対してはマスク氏は「諮問委員会を辞めるしかほかに道はない」と答えた。

​Don't know which way Paris will go, but I've done all I can to advise directly to POTUS, through others in WH & via councils, that we remain

​先に、トランプ米大統領は1日、米国が190カ国以上が参加する地球温暖化防止の枠組み「パリ協定」から離脱すると表明した。

タグ
ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント