02:58 2017年10月21日
東京+ 15°C
モスクワ+ 5°C
    米学者グループ:生徒達の成績は教師の心の在り方に直接左右される

    米学者グループ:生徒達の成績は教師の心の在り方に直接左右される

    © Fotolia/ Syda Productions
    社会
    短縮 URL
    114640

    カリフォルニア大学の心理学研究者グループは、親は自分の子供にどんな教師を探すべきかについて明らかにした。新聞The Daily Mailによれば、自分が担当する科目を愛する教師は、生徒達と語り合い冗談を言い合うので、統計的に生徒達の成績向上を助けるという。また経験の交換や、生徒の前で自分の過ちを認める事さえ、成績向上にプラスの効果がある。

    スプートニク日本

    つまり教師の側からの感情的な働きかけが極めて少ない場合、そうしたケースは常に、子供の学習に否定的に反映するということだ。300人の学生のデータが、それを証明している。彼らの教師は、積極的に生徒達とコンタクトを図り、自分の人生経験を分け与え、冗談を言い、自分の失敗を物語り、生徒達を一人の独立した個人として受け入れ、生徒が欠席した時は、彼らの健康状態を心配した。こうした事は、生徒達が科目を深く勉強する姿勢を引き出し、規律への理解を高めた。

    一方、単に仕事として教師を務める人達を、学生達は、あまり気に入らなかった。それはすぐに成績や教師に対する態度に反映した。学生達は、教師を、閉鎖的で情熱を失った、他人を尊重しない不注意な人物だとみなす傾向があった。

    先の報道によると、英国の学生がNASAに国際宇宙ステーション(ISS)の放射線センサの測定値の誤差を指摘した。

    タグ
    科学, 研究, 英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント