00:45 2017年10月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 3°C
    車を運転の際 集中力と健康をどう保つか? トップレーサーからアドバイス

    車を運転の際 集中力と健康をどう保つか? トップレーサーからアドバイス

    © Fotolia/ Eugenio Marongiu
    社会
    短縮 URL
    133920

    イギリス王室の属領ガーンジー島出身の世界的に有名なレースドライバーで、「ル・マン24時間レース」におけるFord Chip Ganassi Racingチームのエースドライバーでもあるアンディ・プリオールは、ハンドルを握る際、集中力や健康を維持するためには何が助けとなるか、一般ドライバー達に以下のようにアドバイスしている。kp.ru.から引用して、皆さんに御紹介したい。

    スプートニク日本

    質の良い眠り

    あなたが渋滞したハイウェイにいるか、時速300キロの「ル・マン」レースのコースを走っているか、それは重要ではない。運転の際、あなたに求められるのは、絶えず注意を集中させることだ。もし夜中の運転前に、質の良い眠りを取れば、注意を保つことがはるかに容易になる。

    十分な朝食

    しっかり朝食を取る事、ただし食べ過ぎてはダメだ。もしあなたが、血液内の糖分が低い状態で旅行に出発したなら、あなたの集中力は長時間、深刻に損なわれる。全粒粉のトーストにオムレツをのせたもの、あるいはクルミやバナナを加えたオート見るなどがおすすめだ。

    二日酔い運転に注意

    英国では、例えば、酔った状態での運転で捕まる10件中1件が、朝6時から8時の時間帯である。

    脱水症状を許さず

    レーサーは、次のようにして脱水症状を処理している。彼らのヘルメットには特殊なチューブが通してあり、それを通じて水や、水分と塩分のバランスを回復させるための特別飲料をとっている。そうした特別飲料は、あなたも飲まれるとよい。ただ糖分の入ったものは避けてほしい。そうしたものをとると、積極性や集中力が低下する恐れがある。

    軽食用の食べ物を手元に

    新鮮な果物は、長旅に常に耐えるとは限らない。それゆえ、片腹がすいた時にちょっと口にするものとしてドライフルーツを用意した方がいい。様々なナッツや種子が混じったものは、エネルギー補給のために必要な脂肪酸やタンパク質を、あなたに保証してくれるだろう。

    携帯電話に気をとられるな

    フォード自動車は、若いドライバーの11%ほどが、運転中、携帯電話に常に気をとられていることを明らかにした。これは危険なことで、いつ何時、事故につながるか分からない。それゆえハンズフリーシステムを使うとよい。もしそれがなければ、電話を少し遠くに置くことだ。レースの際、我々は、必要が生じた時のみ、無線を使ってチームのメンバーと連絡を取る。彼らは、我々の注意をそらさないよう、無線で我々に連絡する時を、常に選んでいる。

    定期的に休息せよ

    トップレーサーでさえ、レースの時、ピットストップでの大変短い間だとしても、休憩をとる。「ル・マン24時間」のような耐久レースでも、我々が運転できるのは、14時間までだが、それは幸い連続してではない! またスティント(レースのスタートからピットインまで、ピットアウトからピットインまで、あるいはピットアウトからゴールまでの間隔)の後、その長さが1時間、2時間、3時間と様々であっても、それでも我々は眠ったり、車に乗って単にリラックスする。

    先の報道によると、米メディア「Parents Magazine」と「Edmunds 」が2017年度ファミリー 向け車トップ10を選んだ。

    タグ
    ダイエット, 健康, 自動車
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント