00:46 2017年10月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 3°C
    米女性 子供のために世界一太った女性になる夢を捨てる【写真】

    米女性 子供のために世界一太った女性になる夢を捨てる【写真】

    © Sputnik/
    社会
    短縮 URL
    0 29211

    米国に住むモニカ・ライリーさんは、世界で一番太った女子になろうと考えていたが、子供のために、その夢を捨てる決意をした。現在彼女は、三回目の流産を恐れて、急激に痩せつつある。新聞Daily Mailが報じた。

    スプートニク日本

    体重300キロを超えるモニカさんは、すでに2回流産している。現在彼女は3度目の妊娠をしており、赤ちゃんを授かるためにできる限りのことをするつもりだ。

    赤ちゃんができたと知ってから、モニカさんは、10週間で90キロ以上、体重を減らした。彼女は、自分の人生のある時、世界で一番太った女性になりたいと願った。妊娠15週目にあり、体重が約226キロのモニカさんは「以前私は、ベッドで動かず横になったままで過ごしたかった。もっとたくさん食べたかった。でも今は妊娠して、それがあるシグナルだと理解したの」と語っている。

    先に複数のマスメディアが「米テキサスの27歳の女性、モニカ・ライリーさんは、体重が310キロを越えているが、世界で最も太った女性になるため、さらに体重を増やしたいと考えている。モニカさんの25歳になる彼氏が、彼女の体重が望み通り早く増えるよう、彼女のために特別に食事を用意している」と伝え、話題になっていた。

    ​先の報道によると、メキシコで、世界で最も体重が重いとされたフアン・ペドロ・フランコさんの胃のバイパス手術が行われ、無事成功した。

    タグ
    健康, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント