03:05 2017年10月21日
東京+ 15°C
モスクワ+ 5°C
    オランダの漁師たちが、頭が2つあるイルカを捕まえる

    オランダの漁師たちが、頭が2つあるイルカを捕まえる

    © 写真: Natuurhistorisch Museum Rotterdam/Henk Tanis
    社会
    短縮 URL
    0 139742

    オランダの漁師たちが、北海で漁をしている最中に、偶然、頭が2つあるイルカを捕まえ、その写真を学者たちに提供した。

    スプートニク日本

    5月末、ヘンク・タニスさんとその同僚が、オランダ沖合およそ30キロの北海で漁をしていた時、引き上げた網に、魚ではなく、生まれたばかりの頭が2つあるネズミイルカがかかっているのに気付いた。科学雑誌ニュー・サイエンティストのサイトで伝えられた。

    このイルカは、頭は2つ、目は3つ、通常の尾ひれや臓器を持つ胴体は一つで、結合双生児によく似ていた。

    漁師たちはこのイルカに驚き、EUやオランダの法的観点から見た場合、このようなイルカを捕まえるのは違法だと考え、海に戻した。

    だが漁師たちは、海へ戻す前に「シャム」イルカの写真を数十枚撮り、後に写真を学者たちに提供した。

    タグ
    発見, 動物, オランダ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント