01:25 2017年08月19日
東京+ 26°C
モスクワ+ 27°C
    米女性、スロットで4300万ドルを当てるも、「機械の故障です」=カジノ側

    米女性、スロットで4300万ドルを当てるも、「機械の故障です」=カジノ側

    © AFP 2017/ Jean-Sebastien Evrard
    社会
    短縮 URL
    26161013

    カジノのスロットで4300万ドルを当てたものの、賞金が支払われなかった女性が、カジノを訴えた。CNNが報じた。

    スプートニク日本

    カトリーナ・ブックマンさんは米ニューヨークのカジノ「Resorts World Casinо」でスロットマシンをしていた。幸運にも、マシンの画面上に約4300万ドルの数字が現れた。有頂天になったブックマンさんはすぐさま、携帯で画面とともに自撮りした。

    しかし翌日、ブックマンさんがカジノに賞金を取りに戻ると、カジノ側に支払いの意図がないと判明。マシンは「故障」して誤った金額を表示していたのであり、実際の金額は2.25ドルだったと説明。

    カジノ側はお詫びとしてステーキのディナーを提案した。

    ブックマンさんはカジノ会社を起訴。カジノがメンテナンスを怠り、ブックマンさんが勝利のチャンスや機会を失った上、この事件により精神的苦痛を味わったとして、43億ドルを要求している。

    また、ブックマンさんの弁護士アラン・リプカ氏は昨年から、少なくとも同スロットであり得る最大の金額、6500ドルを払うように要求していた。

    ツイッターではブックマンさんの気持ちを代弁して、「あなた(カジノ)は私の43億ドルを渡して、私が自分でステーキ・ディナーを買うのはどう?」と書き込んだ人もいる。

    カリフォルニア、宝くじの一等賞に貰い手がいない

    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント