04:00 2018年09月24日
タイ国王

少年によるタイ国王射撃事件 タイ国内ならどうなっていたか?

© REUTERS / Sukree Sukplan
社会
短縮 URL
0 80

独南部バイエルン州でタイのワチラロンコン国王が家から自転車で走行中に、おもちゃのエアガンで銃撃を受けたことを受けて、ドイツの少年2人が捜査を受けている。

スプートニク日本

騒動による負傷者はいない。警察によると、発砲したのは13歳と14歳。デア・シュピーゲル誌が報じた。ドイツでは13歳には刑事責任が問われないが、14歳の少年は、国王に重傷を与えようとした疑いで起訴されるかもしれない。だが、ワチラロンコン国王自身は、被害届を出すことを拒否した。

タイでは、王家を侮辱すると、世界でも非常に厳しい不敬罪に問われる。不敬罪に問われるのは、王族への公の批判で、SNS上の侮辱も含まれている。

BBCによると、崩御した前国王ラーマ9世に対してフェイスブック上で侮辱的な投稿をしたとして、今週、タイで28年の懲役刑を言い渡された人がいる。

さらにもう1人のタイ男性が、国王を侮辱していると取られた画像やメッセージを数十件、SNSに投稿したとして、35年の懲役刑を言い渡された。

このような状況では、2人の少年がタイにいなかったことを喜ぶ他ない。さもなければ、馬鹿げた行動で人生を破滅させていたかもしれない。

タグ
ドイツ, タイ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント