09:17 2017年10月24日
東京+ 14°C
モスクワ-1°C
    ナチス パナマ運河破壊を計画していた

    ナチス パナマ運河破壊を計画していた

    © AP Photo/ Arnulfo Franco, File
    社会
    短縮 URL
    0 24232

    チリの特務機関が第2次世界大戦中の機密文書を公開。これによってチリにいたナチスのスパイらがパナマ運河破壊計画を立てていたことが裏付けられた。

    スプートニク日本

    パナマ運河は第2次世界大戦中、米政府によって管理されており、連合国の必要物資を陸路で運ぶ重要な経路として使われていた。

    AP通信によれば、チリの特務機関はヴァリパライソ港のスパイ網の首領の逮捕後、この破壊計画を未然に防ぐことに成功している。

    パナマ運河破壊計画のほかにナチスのエージェントらはチリ北部の鉱山に地雷をかける準備を進めていたことがわかっている。

    南米はナチスドイツの残党の多くが潜伏したことで知られる。

    先ごろ、アルゼンチンでもナチス時代の巨大な隠し金庫が発見され、話題を呼んだ。

    タグ
    歴史, パナマ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント